072-721-7290 メールお問い合わせ

根管治療・親知らず

しっかり行う根管治療

しっかり行う根管治療

虫歯が進行すると、歯医者さんで「歯の神経を取ります」と言われる場合があります。これは自分の歯と長く付き合っていくため、歯を支える土台となる根管を治療することです。
虫歯などが進行してその奥までやられてしまい、歯髄という部分まで機能を失ってしまった場合、歯の内部では細菌が繁殖した棲みかとなります。
歯の内部には根管と呼ばれる複雑なスペースが空いていますが、ここにすみついた細菌を取り除こうとしても、入口を大きく削り取れば歯としての意味がなくなります。また新たな細菌が入り込まないようにしなければなりません。
そこでなるべく入口はそのままにしつつ細菌に冒された歯髄までをキレイに掃除して消毒し、根管に薬剤をきっちり充填して埋めてしまいます。これが根管治療と呼ばれる方法です。

  • 1虫歯が進行した象牙質・神経をファイルという針のような形をした器具を使って徹底的に清掃・消毒します。

  • 2根管内に薬剤を充填します。

  • 3被せ物をして新たな侵入を防ぎます。その後、経過観察を行います。

谷歯科医院では、患者さま一人ひとりで異なる根管の状態をよく把握しながら、丁寧に治療します。

親知らずの抜歯もおまかせください

親知らずは最後に生えてくる永久歯ですが、原始人に比べて顎が小さくなった現代人にとっては機能しない、顎の骨の中に埋伏する不要な歯となっています。
しかし親知らずは、必ずしも抜かなければならないというわけではありません。

ただ、親知らずはお口の中で一番奥にあり、歯ブラシが届きにくいことから虫歯や炎症を起こしやすい歯です。ときには重症化してしまう場合もあります。
ですから虫歯になってしまったり、また虫歯ではなくても親知らずのせいで歯茎が腫れて痛い、また矯正治療をするにあたって親知らずが邪魔なときなどは抜歯をおすすめします。
抜歯の際には、抜いた痕に負担がかかって炎症が悪化し、顎関節症になる場合もあります。親知らずの抜歯は経験豊かな当院におまかせください。特に難症例の場合は池田病院歯科口腔外科と連携して診断・治療を進めます。

ご予約・お問合せはお気軽に

箕面市にお住いの方で歯についてお困りでしたらご相談ください。

072-721-7290072-721-7290 メールお問い合わせメールお問い合わせ
Pagetop